消費生活アドバイザーになるには

消費生活アドバイザーになるには

消費アドバイザーになるためには、まずは筆記試験の4分野について学習する必要があります。

 

消費者のための行政や法律知識、経済知識などのほか、医療と健康といった生活基礎知識までその範囲は及びます。

 

1次の筆記試験に合格後、論文・面接の2次試験を経て、1年以上の実務経験または日本産業協会実施の実務研修修了後に消費生活アドバイザーの称号が付与されます。

 

消費生活アドバイザーは経済産業大臣認定事業資格として、価値のある公的資格となっています。

 

関連ページ

消費生活アドバイザー試験概要
社会人のためのおすすめ稼げる消費生活アドバイザー資格ちゃんねる