カラーコーディネーター検定試験ガイド

カラーコーディネーター検定試験ガイド

印象や心理状態に大きな影響を与える色彩の専門家、カラーコーディネーターを認定する試験です。

 

ファッション、商品、環境等について色彩の側面からみた知識を問うもので、1級から3級の試験がおこなわれています。

 

検定合格後は、ファッション、インテリアなどの分野で販売促進や商品開発などで専門知識を発揮でき、応用範囲も広くなっています。

 

色彩はヒトの心理に与える影響が大きいうえに、専門家が少ないので将来性が高いといえます。

 

カラーコーディネーター検定試験ガイド記事一覧

カラーコーディネーターとは

カラーコーディネーターとは色彩の専門家です。日々私たちは店舗をはじめとし、あらゆる場所に色彩が溢れている状況の下、色がもつ効果に影響を受けています。毎年の流行色が世相を反映したり、商品を何色にするかで全く異なった印象を受けたりとその心理的効果は大きくなっています。色彩の知識を身につけることで、ビジネ...

≫続きを読む

カラーコーディネーターになるには

カラーコーディネーター検定試験は、私たちの環境を取り巻く色彩に関する専門家になるための国家資格です。私たちの周りには無数の色が存在しています。その色が私たちに大きな影響を与えていることは科学的にも実証されています。そんな色彩に関する専門家として、あらゆる分野で活躍できるのがカラーコーディネーターです...

≫続きを読む

カラーコーディネーター検定試験概要

カラーコーディネーター検定試験は100点満点で70以上を取れば合格になります。なお受験の際は電話もしくはインターネットによる事前申込み登録が必要になります。■受験資格不問■試験科目・1級=筆記(マークシート方式)および論述問題(合計2時間30分以内)・2級・3級=筆記(マークシート方式・2時間以内)...

≫続きを読む

能力が活かせるビジネスシーン

カラーコーディネーターの能力が活用できる主なビジネスシーンは以下の通りです。■サービス・小売り接客や販売に関するアドバイスファッションに関するカラーコーディネートコスメ販売におけるアドバイス■商品開発商品の開発に関するカラー提案■建築・インテリア設計店舗や住宅設計、インテリアの色彩計画景観設計、商業...

≫続きを読む