マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)

マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)

マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)とは、PCスキルを証明するための資格です。

 

MOSを取得すれば、就職や転職にとても有利です。

 

ビジネスパーソンの間でもPCのスキルアップ資格として人気上昇中のMOSです。

 

マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)記事一覧

MOSとは

ワードやエクセルの技能を開発元のマイクロソフト社が証明する唯一の国際資格です。合格すれば世界共通の認定証が発行され、世界中でワードやエクセルが使いこなせることを証明できます。事務職のみならず、営業職や技術職、企画職などどんな職種でもPCスキルは必須な世の中。求人条件でもワードやエクセルが使えるPCス...

≫続きを読む

MOS試験ガイド

受験者数は累計で260万人を超える人気資格のMOS。筆記試験はなく、会場に用意されたパソコンを使って制限時間50分で、約20~35問に解答する形式です。試験結果は解答後すぐにパソコン上に表示され、合否が判定されるのもIT系の資格ならではですね。試験は毎月1~2回の日曜日、全国で一斉に実施されています...

≫続きを読む

MOS試験レベル

MOS試験には2つのレベルがあります。◆スペシャリストレベル基本的な機能を効率よく利用し、一般的なビジネス文書やスプレッドシートを作成して、変更・印刷等の作業を行うことができる。◆エキスパートレベルスペシャリストレベルの基本的な機能を十分理解した上で、用途や目的に応じて環境設定やデ-タの有効活用等、...

≫続きを読む

面接で有利なMOS

就・転職でPCスキルをアピールするのは難しいものです。しかしMOSがあれば、履歴書に記載するだけで客観的にそのスキルが証明することが可能。MOSであればワードの資格、エクセルの資格など履歴書にたくさん資格を書けるのも魅力です。採用にプラスに働くことは間違いなく、入社後もスムーズに仕事に取りかかれるの...

≫続きを読む

MOSで身に付くスキル

マイクロソフト オフィス スペシャリストの試験は実技のみ。そのため学習方法も実践的なスキルが身につくように、パソコンを使った演習がメインになります。単なる用語の暗記などはなく、非常に実践的なので勉強をすれば次の日からでも役立ちます。これまでに使ったことのなかった機能に気づくことで業務を効率化したり、...

≫続きを読む