調剤薬局事務の学習方法

調剤薬局事務の学習方法

調剤薬局事務の学習法ですが、独学、通信講座、通学の3つに大別できます。それぞれの学習方法を解説していきましょう。

 

それぞれの学習方法のメリット・デメリットなどを分かりやすく解説しています。

独学での学習方法

独学の場合まずは調剤報酬点数表(診療報酬点数表)を入手すると良いでしょう。どこの調剤薬局で働くことになっても、必須となってくるのが調剤報酬点数表だからです。

 

勉強をする際に必ず手元に置いておくことで、難解な内容であっても次第に読み解けてきます。

 

また独学の場合でも専門学校や通信教育のパンフレットは入手しておきましょう。無料ですが、そこから得られる情報も多くあるからです
資料請求はコチラをクリック

 

書店では参考書・過去問題集なども見つけることができます。

 

しかしページを開いても専門用語だらけで、医療関係の経験を持たない人には、かなり難解な内容に見えると思います。

通信講座で学習する

金銭的または時間的に余裕がなく、通学講座などに通うことが難しいという方には、比較的受講料も安い通信講座がお勧めです。

 

働きながら資格取得を目指している社会人の方、子育てや家事などの合間に学習して再就職を考えている主婦の方むけに、インターネットやメールなどで添削や指導を受けられるサービスも用意されています。

 

また通信講座は独学とは違い、講師から添削指導を受けらるので、資格取得までの全体の進捗状況を把握できるので、効率よく学ぶことができます。

 

さらに通信講座の受講料は、一般的に通学講座よりもやや安くなります。もちろん安いからといって、資格取得に問題が生じるようなことはありません。

 

さらに詳しいことは無料資料請求をして確認することをおススメします。

 

通学講座での学習方法

通学講座の最大のメリットは、学習カリキュラムの受講時間と内容があらかじめ決められているので、 通信講座や独学と違い、勉強が遅滞なく計画的に進められる点です。

 

教材だけではわかりにくい箇所も講師に直接指導してもらえることでクリアになり、資格試験の傾向と対策を立てやすくなります。

 

特に実技試験については、講師に直接指導してもらえるのは大変有利になります。

 

同じ目的を持つクラスメートと交流で、資格取得に対してのモチベーションを維持しやすくなります。通学講座は自己管理が苦手な方には、非常に有効な学習方法といえます。

関連ページ

調剤薬局事務について
医療系の転職をめざす社会人のためのおすすめ稼げる資格情報
調剤薬局事務の関連資格
医療系の転職をめざす社会人のためのおすすめ稼げる資格情報
調剤薬局事務の適正
医療系の転職をめざす社会人のためのおすすめ稼げる資格情報
調剤薬局事務の魅力
医療系の転職をめざす社会人のためのおすすめ稼げる資格情報