調剤薬局事務の魅力

調剤薬局事務の魅力

高齢化社会に伴い複数の病院に通院する人が増えており、患者さんはいろいろな薬をもらっている現状があります。

 

しかし、薬の組み合わせによっては深刻な副作用が発生する場合があります。

 

医師不足の問題もあり、病院が薬の調剤・処方まで一貫して対応するには限界があり、国も医薬分業を推進しています。

 

調剤薬局事務が薬歴簿で、患者さんに処方した薬の履歴をデータベースで管理することで、薬剤師がこの情報をもとに、薬の組み合わせによる深刻な副作用の事前防止をとることが可能になります。

 

調剤薬局があることで、病院側も診察や治療に専念する時間が増え、患者さんからも病院側からも増々調剤薬局事務のニーズが高まるお仕事なのです。

 

 

女性が活躍する職場

調剤薬局事務の資格を持っていると、結婚・出産を機会に一度離れた職場への復帰が比較的容易になります。

 

調剤薬局事務の資格を持っていることで、知識やスキルが客観的に認めてもらえるため、その人の能力を証明することができるからです。

 

どの時期からでも再就職、職場再復帰の道が開けるので、他の職業に較べると比較的安定して再就職、職場再復帰することができる傾向がみられます。

 

主婦の方でも子育てが一段落すると時間の融通が効きますので、調剤薬局事務の資格を新たに取得して再就職に備えているという方も多いようです。

豊富な雇用形態

調剤薬局事務は正社員・派遣社員・契約社員・パート・アルバイトと雇用形態が豊富にある点が特長といえるでしょう。

 

雇用形態が豊富だということは、調剤薬局からの調剤薬局事務の求人募集の間口も広がるということを意味しています。

 

仕事復帰を考える主婦の方たちにも労働形態の選択肢が多いことは、就職のしやすさ、育児をしながらの短時間労働などメリットが多くなります。

 

最初はパート・派遣社員などで就業した後、調剤薬局事務の仕事への取り組み方や勤務状況などから正社員として採用される方も多く見受けられます。

増加する調剤薬局

医薬分業が推進され調剤薬局が増加傾向にある状況は、調剤薬局事務に対するニーズが高まり、調剤薬局事務の資格取得を目指す人たちには望ましい状況です。

 

病院は治療まで、薬の調剤処方は調剤薬局からという仕組みが定着しつつある昨今、医薬分業を更に進めるためには、調剤薬局を増やす必要があります。

 

調剤薬局の収支は、患者さんから徴収する薬の料金と保険者への報酬請求がほとんどです。そのため保険者への調剤請求業務が、調剤薬局には大変重要な仕事になります。

 

保険者への調剤請求は、専門家がレセプトを作成をして提出しなくてはならず、一層資格者へのニーズの高まりが予想されます。

 

関連ページ

調剤薬局事務について
医療系の転職をめざす社会人のためのおすすめ稼げる資格情報
調剤薬局事務の関連資格
医療系の転職をめざす社会人のためのおすすめ稼げる資格情報
調剤薬局事務の学習方法
医療系の転職をめざす社会人のためのおすすめ稼げる資格情報
調剤薬局事務の適正
医療系の転職をめざす社会人のためのおすすめ稼げる資格情報