調剤薬局事務について

調剤薬局事務について

今後需要が見込まれる医療関係の仕事の中でも、注目度の高い調剤薬局事務について情報提供しています。

 

調剤薬局事務とは医師の書いた処方箋に従い、実際に薬を処方する場所に従事することです。薬の処方は薬剤師の独占業務ですから、調剤薬局事務は薬剤師のサポートをすることになります。

 

調剤薬局事務には技術を認定するための資格が複数存在しています。「調剤薬局事務管理士」や「調剤報酬請求事務専門士」などがそれに該当します。

 

人余りと言われるような現代において、医療介護関係の人材不足は顕著であり、これまで病院で行われていた薬の処方を調剤薬局でおこなうケースが著しく増加しています。

 

こうした背景から調剤薬局は増加傾向にあり、運営上必要とされる事務全般、レセプト入力など調剤薬局事務の仕事も増えているためニーズの高まりが明らかになってきました。

 

調剤薬局事務と医療事務の違い

まず医療事務ですが、医療の現場となる病院や診療所などにおいて、医療機関運営に必要な全ての事務を担当する部門で専門職として働く仕事のことをいいます。

 

医療事務には医療全般の知識が必要になります。診察料や投薬料、手術・入院料など、すべての医療行為で事務処理が発生します。

 

これに対し調剤薬局事務は、医師が作った処方箋からその負担額を計算するという流れに沿った仕事になるため、医療全般に関する知識はそれほど重要ではありません。

 

調剤薬局事務は投薬料部分のみに範囲が限定されるので、医療事務に比べシンプルといえます。

 

一般的に医療事務では医師や看護師との連携が、調剤薬局事務では薬剤師との連携が重要な要素となります。

調剤薬局事務の就転職

調剤薬局事務の主な就職先ですが、病院やクリニックに隣接する調剤薬局か院外処方箋を取り扱っているドラッグストアになります。

 

調剤薬局事務は正社員や派遣社員、アルバイト・パートなど、幅広い勤務形態が存在します。

 

ご自身のライフスタイルに合わせて午前だけあるいは午後だけといった働き方が選べる利点があります。

 

主婦の方であれば扶養範囲内で働きたいといった条件に合わせて働くことも可能になるので、就職先を検討する際には考慮にいれるといいでしょう。

 

関連ページ

調剤薬局事務の関連資格
医療系の転職をめざす社会人のためのおすすめ稼げる資格情報
調剤薬局事務の学習方法
医療系の転職をめざす社会人のためのおすすめ稼げる資格情報
調剤薬局事務の適正
医療系の転職をめざす社会人のためのおすすめ稼げる資格情報
調剤薬局事務の魅力
医療系の転職をめざす社会人のためのおすすめ稼げる資格情報