登録販売者の基礎知識

登録販売者の基礎知識

ここでは登録販売者の基本の基を解説しています。

 

2009年の改正薬事法により誕生した登録販売者という資格。

 

国家資格ではなく各都道府県の認定資格ですが、東京で取った資格で名古屋で開業ということも可能です。

 

資格の更新試験などはなく、一度合格すれば一生モノの登録販売者です。

 

登録販売者とは?

登録販売者とはドラッグストアや薬店などで販売されている一般医薬品の販売をおこなえる有資格者のことです。

 

これまでは薬剤師の有資格者が必須とされていましたが、2009年6月に施行された薬事法改正により、新たに誕生した資格になります。

 

薬剤師に次ぐ医薬品の専門家として注目の資格になっています。

 

販売店にとっても店舗拡大や営業時間の延長など商機の拡大が見込まれるため、登録販売者は注目される資格になっています。

登録販売者と薬剤師の違い

薬剤師になるには、大学の薬学部に6年間通う必要があります。

 

卒業後に薬剤師国家試験を受け、合格すれば薬剤師になれます。

 

ただし私立大学の場合卒業までにおよそ1,000万円以上かかると言われています

 

一方、登録販売者は同じ医薬品を取り扱えるのに学歴に関係なく誰もが取得できる資格です。

 

医薬品販売実務の経験が1年以上あれば、受験試験が得られます。

 

収入は当然薬剤師には及びませんが、一般事務職に比べればはるかに多くもらえます。

 

あなたの状況にあわせて登録販売者か薬剤師のどちらを目指すべきか考えれば良いですね。

登録販売者受験の前に

登録販売者は専門職ながら、実際にはサービス業的な要素の強い仕事です。

 

医薬品の知識以外に接客マナーやカウンセリング能力を身につける必要があります。

 

病気の種類も多様化し、新しい医薬品が日々開発されています。

 

このように登録販売者には謙虚さや常に勉強を怠らない勤勉さなどが必要といえるでしょう。

 

関連ページ

登録販売者の仕事
医療系の転職をめざす社会人のためのおすすめ稼げる資格情報
登録販売者試験について
医療系の転職をめざす社会人のためのおすすめ稼げる資格情報
登録販売者資格の取り方
医療系の転職をめざす社会人のためのおすすめ稼げる資格情報
登録販売者の就活情報
医療系の転職をめざす社会人のためのおすすめ稼げる資格情報