資格を活かす職場

資格を活かす職場

福祉住環境コーディネーター(FJC)の資格を活かすには以下のような職場が考えられます。

 

すでに社会福祉の資格や建築関係の資格を持っている人には、スキルアップを果たせる資格といえます。

福祉・介護分野で資格を活かす

福祉・介護の分野で福祉住環境コーディネーターの資格を活かせます。

 

在宅介護支援センターや老人ホームなど、福祉関連の業界では、ケアマネジャーやホームヘルパー、社会福祉士、介護福祉士の資格と組み合わせると効果的です。

 

介護・支援する観点から知識を業務に活かすことができます。

建築関連業界で資格を活かす

住宅設備メーカーや設計事務所、建設会社、リフォーム会社などで資格を活用できます。

 

老朽化して建替えが必要になった建物や、バリアフリー化が必要となってくるため福祉住環境コーディネーターの出番は増えるでしょう。

 

こうした観点から建築や福祉機器関連の企業から期待されている資格です。

 

住まいや設備、介護用品といった観点からお客様への提案が期待されているからです。

医療・保険分野で資格を活かす

介護老人保健施設や一般病院などで資格を活用できます。

 

看護師や保健士、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などの資格と組み合わせると強力。

 

実際に介護を受ける人の立場にたち、身体の状態を見ながら提案することが期待されています。

その他分野で資格を活かす

ホテルや旅館、デパートなどの接客サービス業でも福祉住環境コーディネーターの資格が役に立ちます。

 

必要な知識を持っていることで、より良い商品やサービスの提供が可能になるからです。

 

今後、高齢化社会を迎えるにあたり、あらゆる分野で福祉住環境の知識が必要になってくるのではないでしょうか。

 

関連ページ

福祉住環境コーディネーターとは
医療系の転職をめざす社会人のためのおすすめ稼げる資格情報
検定試験について
医療系の転職をめざす社会人のためのおすすめ稼げる資格情報
必要な資質
医療系の転職をめざす社会人のためのおすすめ稼げる資格情報
仕事内容
医療系の転職をめざす社会人のためのおすすめ稼げる資格情報
収入について
医療系の転職をめざす社会人のためのおすすめ稼げる資格情報
福祉住環境コーディネーターの将来性
医療系の転職をめざす社会人のためのおすすめ稼げる資格情報