福祉住環境コーディネーター取得ガイド

福祉住環境コーディネーター取得ガイド

福祉住環境コーディネーターを独学で取得する方法や将来性などをご紹介しています。

 

高齢者や障がい者に住みやすい環境を提供する住まいのスペシャリスト資格です。

 

福祉住環境コーディネーター取得ガイド記事一覧

福祉住環境コーディネーターとは

福祉住環境コーディネーターとは、高齢などの住宅利用者と工務店やソーシャルワーカーなどとの架け橋のような存在です。バリアフリー住宅を扱う工務店やリフォーム会社では、福祉住環境コーディネーターが窓口として業務を進めるケースも増加傾向にあります。高齢者の自立のための介護保険制度には、住宅改修に関するサービ...

≫続きを読む

検定試験について

福祉住環境コーディネーター検定試験(FJC)について解説しています。受験者の多くが福祉、医療、建築関係の人になっています。

≫続きを読む

必要な資質

福祉住環境コーディネーターに必要な資質ですが、人と接する仕事なのでコミュニケーション能力は必須でしょう。要介護者など遠慮して正直に希望が言えない人もいるので、相手の気持ちを察し、意見や要望を聞き出す能力とも言えます。福祉、医療、建築、保険など幅広い知識を求められる福祉住環境コーディネーター。幅広く色...

≫続きを読む

資格を活かす職場

福祉住環境コーディネーター(FJC)の資格を活かすには以下のような職場が考えられます。すでに社会福祉の資格や建築関係の資格を持っている人には、スキルアップを果たせる資格といえます。

≫続きを読む

仕事内容

高齢者や障がい者にとって自宅といえども安心できる環境とは言えません。階段の段差につまずいたり、浴室で滑るといった事故は多いものです。こうした事故や不都合を解消すべく、色々な専門家と連携し介護者と家族のニーズにあわせた住宅を提案することが、福祉住環境コーディネーターの仕事になります。リフォームが始まれ...

≫続きを読む

収入について

福祉住環境コーディネーターの仕事は直接収入に反映されるものではありません。どちらかというと既に専門家として働いている人が付加価値として取得するイメージです。ただし今後は福祉住環境コーディネーターが重用視される傾向が強まっています。高齢化社会になるほど、有資格者が重宝されるのは間違いありません。

≫続きを読む

福祉住環境コーディネーターの将来性

福祉住環境コーディネーターは職業としてはまだ確立されていません。が高齢化が進み、安全、安心かつ快適に暮らしたいという社会的ニーズは高まりを見せています。現在は福祉や建築、医療関係の専門家が業務の幅を広げるために福祉住環境コーディネーターの知識を身につけていることがほとんどです。今後は行政による福祉住...

≫続きを読む