動物看護師の業務

動物看護師の業務

動物看護師は業務内容についてまとめました。

動物看護師の仕事内容

動物看護師の業務は幅広く、医療行為を除くほぼ全てを手がけていっても過言ではありません。

 

受付業務に始まり、診察の補助や投薬、また飼い主へのフォローまで、あらゆる仕事を行います。

 

さらに大型犬などが暴れないように押さえつける等、イメージされているよりはかなり体力勝負の仕事です。

 

動物看護師の仕事の流れ

動物看護師の朝は、食事の世話や包帯を取り替えたりといった、入院している動物の世話から始まります。

 

その後休む間もなく、午前中の診療へ。それが終われば昼休み休憩に入ります。

 

午後からの診察では、往診などをする病院もあるようです。

 

診察が終われば、掃除や片付けなどをして1日の業務が終了となります。

動物看護師としての責任

動物看護師の仕事は、命に関わる仕事なので、その責任は小さくありません。

 

家族の一員であるペットを預かるわけですから、責任は重大です。

 

そうした飼い主の不安を取り除くことができるのも動物看護師だったりします。

 

飼い主から厚い信頼を受けて頼りにされ、責任以上に最高にやりがいを感じる仕事だといえるでしょう。

診療行為はおこなえる?

動物看護師とは、獣医師の指示のもとに傷病動物の看護および診察の補助、保健衛生指導を行うものと定められています。

 

よって動物看護師は診療行為をおこなうことができません。

 

相手が動物だから、診療して良いということはありません。

 

むしろ命を預かる職業として、厳密に診療行為を禁じられているのです。

 

関連ページ

動物看護師の基礎知識
医療系の転職をめざす社会人のためのおすすめ稼げる資格情報
動物看護師資格
医療系の転職をめざす社会人のためのおすすめ稼げる資格情報
動物看護師の待遇
医療系の転職をめざす社会人のためのおすすめ稼げる資格情報
動物看護師の環境
医療系の転職をめざす社会人のためのおすすめ稼げる資格情報