動物看護師の基礎知識

動物看護師の基礎知識

動物看護師の基礎知識について解説しています。

動物看護師とは?

動物看護師とは、動物病院で怪我や病気の治療のお手伝いをする仕事です。

 

獣医師の治療を補助をする役割ですね。

 

動物病院はペットブームもあり、忙しい仕事なので、非常にやりがいのある仕事といえます。

 

 

動物看護師の仕事内容

動物看護師の仕事は、患者となるペットの受付をし、その症状を把握して獣医師に的確に伝える事から始まります。

 

カルテ管理や入院に際しては体調管理を行うなど、 人の病院で働く看護師と同じと言えるほどの仕事内容です。

 

獣医師の指示で血液検査を行い、ふん便の検査や薬の処方まで行います。

 

受診から完治までの一連の流れの全て把握する仕事なので、親となる飼い主にとっては頼もしい存在の動物看護師です。

動物看護師の現状

動物病院では獣医師が診察や治療を行い、動物看護師はその補助を行います。

 

これは医師ひとりでは医療の全てをこなす事ができないからなんですね。

 

不安を覚える動物たちが暴れ出したら、獣医師一人ではどうすることもできません。

 

言葉が通じないだけに、動物看護師の役割は大変重要です。

 

ペットの急増に伴い、重要性は高まる一方の動物看護師です。

動物看護師のニーズ

動物看護師のニーズはどれほどでしょうか。

 

ペットとして飼われる動物の数が増える一方、その生態を知らずに飼い方も分からないまま購入する方も増えています。

 

そのため動物病院を訪れる人は想像以上に多くなっています。

 

増加するニーズに応えるため、24時間対応の動物病院も在るほど。

 

動物病院は内科、外科のように科目に分かれておらず、総合病院として対応せざる得ません。

 

そのため動物看護師のニーズは今後も増大することは明らかです。

動物看護師の将来性は?

現代は空前のペットブームですが、ペットの躾をしている飼い主さんがどれほどいるのでしょうか。

 

可愛がるばかりで躾をされていないペットは、思わぬ怪我や病気を招きます。

 

そのため動物病院を頼る飼い主さんは、今後も増えるでしょう。

 

こうしたペットブームを背景に、動物看護師が必要とされる場面も増える一方と予測されています。

動物看護師のメリット

動物看護師資格を取得するとどんなメリットがあるのでしょうか。

 

実は動物看護師の職場は動物病院だけではありません。

 

ペットショップをはじめ、ペットホテルやトリミングなどでも動物看護師の資格を活用することができます。

 

さらに動物病院では、飼い主に正しい飼育の仕方などの指導も行うため、自己充足感が得られる仕事になっています。

 

関連ページ

動物看護師資格
医療系の転職をめざす社会人のためのおすすめ稼げる資格情報
動物看護師の業務
医療系の転職をめざす社会人のためのおすすめ稼げる資格情報
動物看護師の待遇
医療系の転職をめざす社会人のためのおすすめ稼げる資格情報
動物看護師の環境
医療系の転職をめざす社会人のためのおすすめ稼げる資格情報