司法書士通信講座ガイド

司法書士通信講座ガイド

司法書士に独学で合格する方法をご紹介。

 

司法書士試験の概要や合格率などをご紹介しています。

 

国民の権利を保護するための国家資格である司法書士を目指してみませんか。

 

司法書士通信講座ガイド記事一覧

司法書士とは?

司法書士の主な業務は登記申請の代理です。不動産を買ったときの名義の書き換え、不動産を担保に銀行からお金を借りる際に抵当権の設定登記をしたりする不動産登記業務。会社などの設立の際、その代行をするのが商業(法人)登記業務。さらに法改正により、簡易裁判所に限り認定を受けた司法書士は訴訟代理業務をおこなえる...

≫続きを読む

司法書士試験について

司法書士試験には受験資格はありません。試験内容は7月の筆記試験と10月の口述試験と二段階の選抜試験になっています。筆記試験は例年7月の第1または第2日曜日に、口述試験は10月中旬におこなわれます。筆記試験の内容は憲法・民法・刑法・商法・民事訴訟法・民事執行法・民事保全法・司法書士法・供託法・不動産登...

≫続きを読む

合格後の進路について

司法書士試験合格後は、有資格者として司法書士事務所に勤務した後、独立開業若しくは司法書士法人の社員として活躍するというのが一般的です。近年、予防法務的な観点から企業の法務部門で活躍するケースも増加傾向にあるようです。在学中に司法書士試験に合格し、就職活動を有利に進める方、働きながら合格し、そのまま勤...

≫続きを読む

司法書士の仕事(職域)

司法書士の仕事(職域)について紹介しています。司法書士の業務範囲は今後ますます多岐に渡っていくことが予想されます。

≫続きを読む

司法書士の独立に実務経験は必要か

司法書士として独立するために実務経験は必須ではありません。新人研修の中に「配属研修」というものがあり、実際に開業している事務所で実務を6週間学ぶ研修があります。この研修で必要最低限の知識を身につけることは充分可能です。開業後に不明な点があっても、この配属研修でお世話になった先生などに聞けば教えてくれ...

≫続きを読む

司法書士の将来性

司法書士は街の法律家としてトラブルを抱える人々の間で信頼を得る存在となりました。結果として、簡裁代理権の付与が認められるなど、司法改革の進展により更なる活躍の場が広がることが予想されます。また司法書士法人の設立が可能になり、これまで以上に規模の大きな事務所が増えるでしょう。他方、司法過疎地に根ざした...

≫続きを読む

女性にオススメの理由

近年、司法書士試験の女性合格者の推移は毎年25%前後となっています。女性が出産・育児などでキャリアを中断するとなかなか職場復帰しにくい実情ですが、司法書士は現場復帰しやすい職業といえます。多くの女性司法書士先生がそのことを証明してくれています。家庭や育児との両立をしながら働ける司法書士は、女性が一生...

≫続きを読む