中小企業診断士試験

中小企業診断士試験

中小企業診断士試験は平成18年度から8科目から7科目に科目数が変更になりました。

 

試験科目は「経済学・経済政策」「財務・会計」「企業経営理論」「運営管理(オペレーション・マネジメント)」「経営法務」「経営情報システム」「中小企業経営・中小企業政策」です。

 

以前は「助言理論」と「新規事業開発」が一次試験にありましたが、新試験では二次試験の出題内容に加わりました。

 

また科目合格制が採用され、翌年と翌々年に持ち越せるので、3年以内に全ての科目に合格すれば一次試験に合格出来ることになりました。

 

二次試験は一次試験合格者のみが受験可能で、筆記試験と口述試験がおこなわれます。

 

二次試験を受けられるのは、一次試験全科目合格を達成した年とその翌年のみです。もし2年の間に合格できなければ、再び一次試験からとなってしまいます。

 

関連ページ

中小企業診断士とは?
社会人のためのおすすめ稼げる中小企業診断士資格ちゃんねる
中小企業診断士合格率
社会人のためのおすすめ稼げる中小企業診断士資格ちゃんねる
中小企業大学校での取得
社会人のためのおすすめ稼げる中小企業診断士資格ちゃんねる
中小企業診断士の収入
社会人のためのおすすめ稼げる中小企業診断士資格ちゃんねる
中小企業診断士の仕事
社会人のためのおすすめ稼げる中小企業診断士資格ちゃんねる
独立開業者の割合
社会人のためのおすすめ稼げる中小企業診断士資格ちゃんねる