日本語教育能力検定試験の内容

日本語教育能力検定試験の内容

日本語教育能力検定試験の水準について解説します。

 

国内外で日本語教育の専門家として活躍していくために必要な基本的な知識や能力を有しているかどうかを判定します。

 

試験の出題範囲は大きく5つの項目に分けられます。

 

  1. 社会・文化・地域に関する問題
  2. -世界と日本について、日本語教育と国語教育など

  3. 言語と社会に関する問題
  4. -言語と社会の関係、コミュニケーション学など

  5. 言語と心理に関する問題
  6. -言語理解の過程、言語の習得や発達など

  7. 言語と教育に関する問題
  8. -言語教育法、自己点検・授業分析能力など

  9. 言語一般に関する問題
  10. -言語の構造一般、日本語の構造など

 

関連ページ

日本語教育の将来性
語学系資格取得をめざす社会人のためのおすすめ稼げる資格情報
日本語教育能力検定受験方法
語学系資格取得をめざす社会人のためのおすすめ稼げる資格情報
日本語教育能力検定試験の合格率
語学系資格取得をめざす社会人のためのおすすめ稼げる資格情報
日本人が知らない日本語
語学系資格取得をめざす社会人のためのおすすめ稼げる資格情報