介護事務通信講座ガイド

介護事務通信講座ガイド

介護事務は体力に自信のない人でも福祉関係の仕事に関わることができます。

 

介護に関連する仕事に従事する場合、利用者の方を抱えたりお風呂介助をしたりと体力を要することが多くなっています。

 

しかし介護事務の仕事は事務ですから、そのほとんどデスクワークであり、体力がなくても心配はありません。

 

介護事務は未経験でも勤務することは可能ですが、資格や経験があればさらなる需要があるため、資格は取得しておいたほうが有利なことは間違いありません。

 

介護事務通信講座ガイド記事一覧

介護事務の資格取得には

介護事務になるための介護事務の資格はありますが、資格がなくても就業は可能です。しかし介護保険の請求業務にはパソコンを使うことが多いため、最低限パソコンの扱いに慣れておくことは必要です。資格がなくても介護事務ににはなれますが、介護保険制度独特の用語や計算方法など、資格を取得のために勉強をしておくことス...

≫続きを読む

介護事務の学習法

介護事務の資格を取得するためには、専門用語や内容等覚えることのボリュームが大きくなっています。介護事務の資格取得のためには、介護についての専門知識を身につける必要があります。覚えることが膨大なため、資格取得のための入り口はまず介護に興味を持つことになります。効率的な学習法というものはなく、時間をかけ...

≫続きを読む

介護事務の待遇

介護事務の待遇ですが、正社員の場合15~20万円、パート・アルバイトは、時給900~1000円程度のようです。介護事務の仕事は請求事務が主な仕事なので、基本的には日勤だと考えてよいでしょう。職場に介護事務員が大勢いない状況がほとんどのため、雇用状況に関係なく介護事務に関する知識はしっかりと身につけて...

≫続きを読む

ケアクラーク技能認定試験概要

介護事務(ケアクラーク)の資格取得には、財団法人日本医療教育財団主催の「ケアクラーク技能認定試験」に合格する必要があります。試験は年に6回各都道府県で行われており、2月、4月、6月、8月、10月、12月に受験することが可能になっています。ケアクラーク技能認定試験の受験資格ですが、介護事務としての実務...

≫続きを読む