介護福祉士試験の合格基準

介護福祉士試験の合格基準

介護福祉士試験の筆記試験、実技試験とも合格基準があります。

 

■筆記試験

  1. 問題の総得点の60%程度を基準とし、問題の難易度で補正した点数以上の得点した者。
  2. 上記を満たし、かつ、すべての科目において得点があった者。

 

■実技試験
課題の総得点の60%程度を基準とし、課題の難易度で補正した点数以上の得点の者が実技試験の合格者となる。

 

関連ページ

介護福祉士の概要
医療系の転職をめざす社会人のためのおすすめ稼げる資格情報
介護福祉士の取得方法
医療系の転職をめざす社会人のためのおすすめ稼げる資格情報
介護福祉士試験の試験内容
医療系の転職をめざす社会人のためのおすすめ稼げる資格情報
介護福祉士試験の受験方法
医療系の転職をめざす社会人のためのおすすめ稼げる資格情報
介護福祉士試験の難易度
医療系の転職をめざす社会人のためのおすすめ稼げる資格情報
介護福祉士の将来性
医療系の転職をめざす社会人のためのおすすめ稼げる資格情報