ケアマネージャー通信講座ガイド

ケアマネージャー通信講座ガイド

ケアマネージャーは介護保険法に定められた公的資格です。

 

ケアマネージャーになるためのハードルは高く、独学での合格は時間がかかる上、受験資格も長期間に渡る実務経験を必要としています。

 

正式名称を介護支援専門員といい、要介護者のための介護保険制度におき、居宅介護支援事業者、および介護保険施設を要介護者、要支援者が使うために、介護サービス計画を作成する専門職です。

 

これからケアマネージャーを目指すのであれば、まずは通信講座などで配布している無料の資料請求をしてみてください。

 

ケアマネージャーへのステップを詳しく解説してくれています。資料請求をしても営業の電話などは一切来ないので安心です。

 

ケアマネージャー通信講座ガイド記事一覧

ケアマネージャーになるには

ケアマネージャーになるには介護支援専門員という資格が必要になります。筆記試験の他実務経験が必要となるため、福祉関係での実務経験がない方がいきなりケアマネージャーになることはできません。まずは介護や医療に関わる仕事に関する資格を取り、実務経験を積むことが一番の近道となるでしょう。最初のステップとしては...

≫続きを読む

ケアマネージャーの適正

ケアマネージャーは誰でもなれるということはありません。多くの知識を持つことが大変必要とされますが、特に他人の話を良く聞き、それをきちんと理解していくということが適正として求められます。ケアプランは他の介護職との連携なしでは遂行できないため、性格的に柔軟であることも適性の一つと思われます。公私混同をせ...

≫続きを読む

ケアマネージャー関連資格概要

ケアマネージャーになるには介護支援専門員実務研修を受講しなければなりません。介護支援専門員実務研修受講試験の受験資格には、医療・福祉関係での一定期間の実務経験が必要となります。ケアマネージャーは2000年4月より介護保険制度が実施されるにあたり設定された資格で、高齢化社会を迎え需要の増加が見込まれて...

≫続きを読む

ケアマネージャーのニーズ

介護保険の施設・指定業者にはケアマネージャー(介護支援専門員)の配置が義務づけられています。これは施設の数だけケアマネージャーのニーズがあるということを意味していますね。現在、飽和状態ともいわれているケアマネージャーですが、これから進むばかりの高齢化社会においてニーズは増加の一途をたどることでしょう...

≫続きを読む

ケアマネージャー資格試験

ケアマネージャー試験は正式には「介護支援専門員実務研修受講試験」といいます。これからケアマネージャーを目指すのであれば、まずはケアマネージャー通信講座で無料の資料請求がオススメです。

≫続きを読む