土地家屋調査士を取得するには

土地家屋調査士を取得するには

土地家屋調査士の試験は「午前の部」と「午後の部」に分かれています。

 

土地家屋調査士の午前の部の試験は「測量士」「測量士補」「1・2級建築士」のいずれかを持っていれば免除されます。

 

午前の部の試験は難易度が高く、そのための試験勉強をするのは効率が悪いため、ほとんどの受験生はいずれかの資格を事前に取得して試験をパスしています。

 

中でも測量士補は難易度も低く最も取得しやすいため、土地家屋調査士を目指すのであれば、まずは測量士補の取得をオススメします。

 

関連ページ

土地家屋調査士とは
社会人のためのおすすめ稼げる土地家屋調査士とは
土地家屋調査士の業務
社会人のためのおすすめ稼げる土地家屋調査士とは
土地家屋調査士試験概要
社会人のためのおすすめ稼げる土地家屋調査士とは
土地家屋調査士のニーズ
社会人のためのおすすめ稼げる土地家屋調査士とは
資格活用の組み合わせ
社会人のためのおすすめ稼げる土地家屋調査士とは