土地家屋調査士の業務

土地家屋調査士の業務

土地家屋調査士の主な業務は調査・測量・書類作成・申請手続きになります。

 

まず調査業務ですが、土地や建物が現在どのような状態であるか、関係書類を見たり現地へ直接足を運んだりして確認する業務になります。

 

つぎに測量業務ですが、土地の面積や建物の床面積などの変更申請に添付するための図面作成をするために、対象の土地や建物の測量を行い正確な数値を算出する業務です。

 

書類作成は調査・測量の結果をもとに、登記申請するさまざまな書類の作成をおこないます。

 

最後に申請手続きですが、作成された書類を法務局へ提出し、申請手続きのすべての代行をおこないます。

 

関連ページ

土地家屋調査士とは
社会人のためのおすすめ稼げる土地家屋調査士とは
土地家屋調査士を取得するには
社会人のためのおすすめ稼げる土地家屋調査士とは
土地家屋調査士試験概要
社会人のためのおすすめ稼げる土地家屋調査士とは
土地家屋調査士のニーズ
社会人のためのおすすめ稼げる土地家屋調査士とは
資格活用の組み合わせ
社会人のためのおすすめ稼げる土地家屋調査士とは