役立つ不動産系資格おすすめ一覧

土地家屋調査士取得ガイド

土地家屋調査士とは不動産の表示に関する登記を独占的に行う国家資格です。

 

土地家屋調査士は独立に有利な不動産系のスペシャリスト資格です。

 

土地家屋調査士は資格取得後に独立しやすいため、事業主として辣腕をふるいたい方には最適の資格といえます。

 

日本土地家屋調査士会連合会に登録されている、約2万人弱全員が独立を果たしているそうです。

 

土地家屋調査士取得ガイド記事一覧

土地家屋調査士とは

土地家屋調査士は不動産登記業務のうち表示に関する登記を独占しておこないます。不動産は登記することではじめて所有権が発生し、財産を守ることができるようになります。そういった意味からも社会的な責任が重く、土地家屋調査士は厚い信頼のおける存在といえるでしょう。土地家屋調査士会連合会調べによれば、全国平均の...

≫続きを読む

土地家屋調査士の業務

土地家屋調査士の主な業務は調査・測量・書類作成・申請手続きになります。まず調査業務ですが、土地や建物が現在どのような状態であるか、関係書類を見たり現地へ直接足を運んだりして確認する業務になります。つぎに測量業務ですが、土地の面積や建物の床面積などの変更申請に添付するための図面作成をするために、対象の...

≫続きを読む

土地家屋調査士を取得するには

土地家屋調査士の試験は「午前の部」と「午後の部」に分かれています。土地家屋調査士の午前の部の試験は「測量士」「測量士補」「1・2級建築士」のいずれかを持っていれば免除されます。午前の部の試験は難易度が高く、そのための試験勉強をするのは効率が悪いため、ほとんどの受験生はいずれかの資格を事前に取得して試...

≫続きを読む

土地家屋調査士試験概要

■受験資格不問■試験日程★午前・午後試験:8月下旬の日曜日★口述試験:11月上旬■試験会場■受験資格不問■試験日程★午前・午後試験:8月下旬の日曜日★口述試験:11月上旬■試験会場★午前試験免除者法務局または地方法務局ごとに、それぞれの局が指定した場所★午前試験受験者管区法務局または那覇地方法務局ご...

≫続きを読む

土地家屋調査士のニーズ

土地家屋調査士のニーズは社会が存続する限り無くなることはありません。もちろんその意義が失われることもありません。それだけに土地家屋調査をビジネスとして正しい知識やノウハウを身につけ、マーケティングなどビジネスパーソンとして当然の行動をすることで需要が絶えることはないでしょう。土地家屋調査士の業務は昔...

≫続きを読む

資格活用の組み合わせ

土地家屋調査士と組み合わせて活用できる資格に司法書士と行政書士があります。まず司法書士ですが、土地家屋調査士と司法所の関係が非常に密接であり、この二つのライセンスを活用することで仕事の幅を広げられるメリットがあります。司法書士も登記や供託に関する手続きの代行をおこなったり、それらの依頼を受けることが...

≫続きを読む