宅建をとるには

宅建をとるには

宅地建物取引主任者の試験は4肢択一の50問のマークシート方式です。

 

試験科目と問題数ですが、例年権利関係から15問、宅建業法から16問、法令上の制限・その他から19問出題されます。

 

民法からの出題が比較的多いため、法学部の学生などには合格しやすい資格といえます。

 

しかし法律を知らないかたでも、それほど難しい法律問題は出題されないのでしっかりと学習すれば十分合格可能です。

 

合格率はおよそ15パーセント前後ですが、力試しでの受験者も数多くいるので実際の難易度からは低い合格率のようです。

 

宅建は法律系資格試験の登竜門ともいわれ、段階的に司法書士や司法試験に挑戦していくという人もいます。

 

関連ページ

宅地建物取引主任者とは
社会人のためのおすすめ稼げる宅地建物取引主任者
宅地建物取引主任者試験概要
社会人のためのおすすめ稼げる宅地建物取引主任者
宅建のニーズ
社会人のためのおすすめ稼げる宅地建物取引主任者
宅建資格で収入は?
社会人のためのおすすめ稼げる宅地建物取引主任者