宅地建物取引主任者とは

宅地建物取引主任者とは

宅地建物取引主任者の業務は不動産に関する契約の締結に際して、重要事項の説明をすることです。

 

宅建の資格を取ることで、不動産の売買などを仲介できます。売りたい人と買いたい人の間に入り、不動産のプロのとしてアドバイスなどをおこないます。

 

不動産業界に就職するには必要ですし、宅建資格持っていれば不動産関係の会社に就職するための大きな武器となります。

 

それは宅建業法により従業員5名に対して必ず1名以上の主任者をおくことが義務付けられているからです。

 

関連ページ

宅建をとるには
社会人のためのおすすめ稼げる宅地建物取引主任者
宅地建物取引主任者試験概要
社会人のためのおすすめ稼げる宅地建物取引主任者
宅建のニーズ
社会人のためのおすすめ稼げる宅地建物取引主任者
宅建資格で収入は?
社会人のためのおすすめ稼げる宅地建物取引主任者