宅建の資格取得は資料請求から

宅建の資格取得は資料請求から

宅地建物取引主任者(宅建)試験は毎年20万人前後が受験する人気資格です。

 

これは宅地建物取引業を営む事業所には、法律上従業員5名に対して必ず1名以上の主任者をおくことが義務付けられているからでしょう。

 

受験資格に制限がないため、不動産業に従事していない人も多く受験するポピュラーな資格です。

 

宅建の資格取得は資料請求から記事一覧

宅地建物取引主任者とは

宅地建物取引主任者の業務は不動産に関する契約の締結に際して、重要事項の説明をすることです。宅建の資格を取ることで、不動産の売買などを仲介できます。売りたい人と買いたい人の間に入り、不動産のプロのとしてアドバイスなどをおこないます。不動産業界に就職するには必要ですし、宅建資格持っていれば不動産関...

≫続きを読む

宅建をとるには

宅地建物取引主任者の試験は4肢択一の50問のマークシート方式です。試験科目と問題数ですが、例年権利関係から15問、宅建業法から16問、法令上の制限・その他から19問出題されます。民法からの出題が比較的多いため、法学部の学生などには合格しやすい資格といえます。しかし法律を知らないかたでも、それほど難し...

≫続きを読む

宅地建物取引主任者試験概要

宅地建物取引主任者(宅建)試験は毎年10月の第3日曜日に実施されています。願書の提出締め切りは例年7月下旬です。受験資格なし試験内容(学科)権利関係宅建業法法令上の制限その他の法令試験方法筆記試験試験時間は2時間4問択一式のマークシート方式出題数は全50問法令集・計算機類の使用及び携帯電話・ポケット...

≫続きを読む

宅建のニーズ

宅地建物取引主任者のニーズはどれほどでしょうか。不動産業界に従事しようとする方には必須の資格ですが、それ以外には必要のないもので しょうか。不動産は私たちの生活とは切っても切れないほどつながりの深いものです。住まいを変えるときに不動産屋を通して部屋を借りたり、マンションや戸建てを購入すると思います。...

≫続きを読む

宅建資格で収入は?

宅地建物取引主任者(宅建)の資格で収入はどう変わるのか。基本的には会社で活かす資格になるので、所属している会社の待遇にあった金額となります。一概には言えませんが、資格取得時に5~10万円支給されたり、月々の資格手当として数千~数万円支給といった会社もあります。また宅建の資格を持っていないと昇進できな...

≫続きを読む