危険物取扱者取得ガイド

危険物取扱者取得ガイド

危険物取扱者とは消防法に基づく危険物の取り扱い、もしくはその取扱いに立ち会うために必要な国家資格です。

 

危険物取扱者は人々の生命や財産を火災から守る重要な役割を果たしています。

 

危険物取扱者取得ガイド記事一覧

危険物取扱者とは

危険物取扱者は危険物の貯蔵取扱いを行うための資格です。ガソリンスタンドや灯油などは日常生活には欠かせませんが、火災発生の危険度が大きく、消化にも特殊な消火設備が必要です。これらを扱う一定量以上の危険物を貯蔵したり取り扱うには、十分な知識と技術を持った危険物取扱者が必要不可欠です。今、防災には専門的か...

≫続きを読む

危険物取扱者資格の種類

危険物取扱者資格は甲種、乙種、丙種の3つに分類されています。■甲種消防法で定められた第1~第6類までの危険物全ての取扱い作業、立会い監督が行える。■乙種第1~第6類までの危険物のうち、試験に合格した特定類の取扱い作業、立会い監督が行なえる。■丙種ガソリン、灯油、軽油、重油の取扱い作業が行なえる。

≫続きを読む

危険物の分類

消防法で定められている危険物の主な種類は以下の通りです。■第1類塩素酸カリウム、過マンガン酸カリウム、次亜塩素酸ナトリウム等■第2類硫黄、赤リン、マグネシウム等■第3類ナトリウム、リチウム、黄リン等■第4類ガソリン、灯油、軽油、エタノール等■第5類ニトログリセリン、トリニトロトルエン、アジ化ナトリウ...

≫続きを読む

危険物取扱者の受験資格

■甲種大学等の卒業資格大学などにおいて化学に関する単位を15単位以上習得した者乙種取得後2年以上の実務経験修士、博士の学位のうち化学の事項を専攻した者■乙種受験資格制限なし■丙種受験資格制限なし

≫続きを読む

危険物取扱者の試験内容

危険物取扱者の試験内容は以下の通りです。■甲種5者択一で、試験時間は150分危険物に関する法令:15問物理学及び化学:10問危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法:20問■乙種5者択一で、試験時間は120分危険物に関する法令:15問基礎的な物理及び基礎的な化学:10問危険物の性質並びにその火災...

≫続きを読む

危険物取扱者の将来性

危険物取扱者の将来性はどうでしょうか。建築物の大規模・集約・ハイテク化に伴って専門知識を持つ有資格者のニーズは増加傾向です。年々危険物取扱者の数は増えているものの、まだ有資格者の絶対数は不足しています。また国家資格の中では難易度が低いため、将来性を含めて狙い目な資格といえます。

≫続きを読む