二級土木施工管理技士ガイド

二級土木施工管理技士ガイド

土木施工管理技士は、建設工事が安全かつスケジュール通りに進行するように現場を統括します。

 

ダム工事から上下水道工事まで、大小さまざま土木工事の現場を統括するのが土木施工管理技士です。

 

二級土木施工管理技士ガイド記事一覧

二級土木施工管理技士とは

土木施工管理技士を取得することで幅広い専門知識の活用の方法があります。土木施工管理技士はあらゆる土木建設に携わっています。土木工事には、河川や港湾、道路、鉄道といった私たちの社会生活に欠くことのできない、いわゆるライフラインに関連するものが多くあります。それだけに、土木施工現場で監理技術者・主任技術...

≫続きを読む

二級土木施工管理技士の取得

2級土木施工管理技士には受験資格が必要になります。大学の建築土木系などの卒業者であれば1年以上、短大や高専の卒業者であれば2年以上など実務経験が必要になってきます。建築土木系などの指定学科以外では大卒者で1年6ヶ月以上、短大卒等で3年以上の実務経験が必要になってきます。また2級土木施工管理技術検定試...

≫続きを読む

二級土木施工管理技士試験概要

◆受験資格①大学の土木、建築学科の指定学科卒業後、1年以上の実務経験者②短大、高等専門学校土木、建築学科の指定学科卒業後、2年以上の実務経験者③高校の土木、建築学科の指定学科卒業後、3年以上の実務経験者④8年以上の実務経験者など◆受験地種別:土木札幌、釧路、青森、仙台、秋田、東京、新潟、富山、静岡、...

≫続きを読む

標準的学習期間

2級土木施工管理技士資格取得のための標準的な学習期間は、およそ半年程度といわれています。当然、学習に当てられる時間等で期間の変動はありますが、合格に必要な学習時間は400時間程度が目安になってきます。ただし2級土木施工管理技士には受験資格があるので、ある程度土木についての素養がある人が対象となってき...

≫続きを読む

効果的な学習法

二級土木施工管理技士資格の学習法ですが、独学での取得は困難と言われています。市販の学習テキストだけでの合格は難しく、資格系学校への通学や通信教育などの力を借りなくては合格は難しいでしょう。しかし2級土木施工管理技士は専門的な資格になるので、東京や大阪のような首都圏に住んでいれば学校へ通うことも可能で...

≫続きを読む

二級土木施工管理技士のメリット

二級土木施工管理技士を取得するメリットとはどんなものでしょうか。まずは資格を持っていると昇進・昇給に結びつきやすいというメリットがあります。土木関係の職についている場合、2級土木施工管理技士以上の資格を持つことで、より責任のある仕事を任されることになります。その結果、昇進や昇給に直結するということが...

≫続きを読む

一級土木施工管理技士との違い

土木施工管理技士の1級と2級の違いとはどんなものでしょうか。二級土木施工管理技士の資格を持っていれば、作業工程ごとの責任者となる主任技術者になることができます。しかし元請として3,000万円までの仕事しか下請けに発注することができません。3,000万円を超える場合は、元請から下請の現場に派遣する監理...

≫続きを読む