第二種電気工事士の業務内容

第二種電気工事士の業務内容

第二種電気工事士は経済産業省が認定する国家資格です。

 

その業務内容ですが、主に電気工事の安全を図る仕事になっています。

 

第二種電気工事士は住宅や店舗などの一般用電気工作物の設置または変更作業に従事できます。

 

免許取得後3年以上の実務経験で自家用電気工作物で最大電力500KW未満の簡易電気工事作業に従事可能。

 

さらに免許取得後5年以上の実務経験と認定講習を終了すれば、ネオン工事の作業に従事可能。

 

関連ページ

第二種電気工事士の将来性
社会人のためのおすすめ稼げる第二種電気工事士資格ちゃんねる
第二種電気工事士の義務
社会人のためのおすすめ稼げる第二種電気工事士資格ちゃんねる
第二種電気工事士の試験内容
社会人のためのおすすめ稼げる第二種電気工事士資格ちゃんねる
第二種電気工事士試験の合格率
社会人のためのおすすめ稼げる第二種電気工事士資格ちゃんねる
他の国家資格との関連
社会人のためのおすすめ稼げる第二種電気工事士資格ちゃんねる