第二種電気工事士取得ガイド

第二種電気工事士取得ガイド

電気工事士とは一般用電気工作物および自家用電気工作物の工事に関する専門的な知識を有するものに都道府県知事により与えられる資格です。

 

電気工事士法により、電気工事士の有資格者のみが一般用電気工作物および500kW未満の自家用電気工作物の工事を行えます。

 

第二種電気工事士取得ガイド記事一覧

第二種電気工事士の業務内容

第二種電気工事士は経済産業省が認定する国家資格です。その業務内容ですが、主に電気工事の安全を図る仕事になっています。第二種電気工事士は住宅や店舗などの一般用電気工作物の設置または変更作業に従事できます。免許取得後3年以上の実務経験で自家用電気工作物で最大電力500KW未満の簡易電気工事作業に従事可能...

≫続きを読む

第二種電気工事士の将来性

電気工事の作業は法律で基準が定められており、有資格者でなければできません。そのためニーズは高く、好待遇で働ける魅力があります。活躍の場は広く、安定した収入が期待できます。また顧客をつかみやすい環境にあるので、経験を積んで独立開業を目指すことも十分可能です。

≫続きを読む

第二種電気工事士の義務

第二種電気工事士は以下の義務を負います。電気工作物の電気工事に従事する際、電気設備技術基準に適合するように作業を行うこと。電気工作物を構成するもののうち電気用品安全法に定める器具などは、電気用品安全法の基準を満たすものを使用すること。電気工事の作業に従事する際、電気工事士免状の携帯すること。都道府県...

≫続きを読む

第二種電気工事士の試験内容

第二種電気工事士は受験資格の制限はなく、筆記試験と技能試験の2種類があります。気になる試験内容は以下の通りです。■筆記試験電気に関する基礎理論配電理論及び配線設計電気機器、配線器具ならびに電気工事用の材料及び工具電気工事の施工方法一般用電気工作物の検査方法配線図一般用電気工作物の保安に関する法令■技...

≫続きを読む

第二種電気工事士試験の合格率

第二種電気工事士試験の過去の合格率です。2000年 33.4%2001年 40.6%2002年 34.5%2003年 34.5%2004年 33.2%2005年 29.0%2006年 45.1%2007年 40.0%2008年 37.3%2009年 45.6%

≫続きを読む

他の国家資格との関連

電気工事士の資格保有者は、以下の資格の受験資格や認定を受けることができます。■認定電気工事従事者⇒簡易電気工事の作業に従事可能■特種電気工事資格者(ネオン)⇒ネオンサインの工事の作業に従事可能。■特種電気工事資格者(非常用予備発電装置)⇒予備発電装置の工事の作業に従事可能。■消防設備士⇒甲種の受験資...

≫続きを読む