一級土木施工管理技士をとるには

一級土木施工管理技士をとるには

一級土木施工管理技士には受験資格が必要になります。

 

大学の建築土木系などの卒業者であれば3年以上、短大や高専の卒業者であれば5年以上など実務経験が必要になってきます。

 

建築土木系などの指定学科以外では大卒者で4年6ヶ月以上、短大卒等で7年6ヶ月以上などの実務経験が必要になってきます。

 

また1級土木施工管理技術検定試験には学科試験と実地試験がありますが、合格率は学科試験が50%前後、実地試験が30%前後で推移しています。

 

これは宅建などの受験資格に制限がない資格試験とは違い、最低でも3年以上の実務を積んだ方しか受験できないために合格率が高いものと推測されます。

 

さらに詳しいことは無料の資料請求をして確認してみてください。

 

ただし受験資格は事前に全国建設研修センターにて確認することをおすすめします。

 

関連ページ

1級土木施工管理技士とは
社会人のためのおすすめ稼げる1級土木施工管理技士資格ちゃんねる
1級土木施工管理技士試験概要
社会人のためのおすすめ稼げる1級土木施工管理技士資格ちゃんねる
一級土木施工管理技士のメリット
社会人のためのおすすめ稼げる1級土木施工管理技士資格ちゃんねる