1級土木施工管理技士取得ガイド

1級土木施工管理技士取得ガイド

1級土木施工管理技士は、建設業界でもエリートとして優遇される資格です。

 

なぜなら有資格者のみが土木工事の全体統括の責任者になれるからです。

 

ダム工事から上下水道工事まで、大小さまざま土木工事の現場を統括するのが土木施工管理技士です。

 

1級土木施工管理技士取得ガイド記事一覧

1級土木施工管理技士とは

土木施工管理技士はあらゆる土木建設に携わっています。土木施工管理技士には1級と2級がありますが、とりわけ一級土木施工管理技士は、建設に関わるすべての工程において現場の責任者として大変重要な役割を果たしています。また土木施工管理技士の資格保持者が勤める企業・団体には、国から技術評価点が付与されます。2...

≫続きを読む

一級土木施工管理技士をとるには

一級土木施工管理技士には受験資格が必要になります。大学の建築土木系などの卒業者であれば3年以上、短大や高専の卒業者であれば5年以上など実務経験が必要になってきます。建築土木系などの指定学科以外では大卒者で4年6ヶ月以上、短大卒等で7年6ヶ月以上などの実務経験が必要になってきます。また1級土木施工管理...

≫続きを読む

1級土木施工管理技士試験概要

■受験資格大学の土木、建築学科の指定学科卒業後、3年以上の実務経験者短大、高等専門学校土木、建築学科の指定学科卒業後、5年以上の実務経験者高校の土木、建築学科の指定学科卒業後、10年以上の実務経験者15年以上の実務経験者など■受験地札幌、釧路、青森、仙台、東京、新潟、名古屋、大阪、岡山、広島、高松、...

≫続きを読む

一級土木施工管理技士のメリット

一級土木施工管理技士を取得するメリットとは何でしょう。まずあげられるのは、現場を指揮する「監理技術者」になれることです。二級土木施工管理技士の場合、作業工程ごとの責任者となる「主任技術者」になります。すなわち一級土木施工管理技士は現場を取り仕切る最高責任者という立場を任されます。元請として3,000...

≫続きを読む