建築・土木系資格おすすめ一覧

建築・土木系資格案内

新築マンションなどの販売が最悪期を脱した感のある建築・土木業界。

 

政権交代により公共事業は減少しているものの、道路や鉄道といったライフラインの建設はこれからも続きます。

 

また旺盛な海外需要を狙って海外進出がさらに増えることが予想され、有資格者として経験を積んでおけばチャンスはやって来るかもしれません。

 

国外に目を向ければまだまだ建設工事のニーズは増加することでしょう。来たるべきときに備え資格武装しませんか。

建築・土木系資格記事一覧

危険物取扱者取得ガイド

危険物取扱者とは消防法に基づく危険物の取り扱い、もしくはその取扱いに立ち会うために必要な国家資格です。危険物取扱者は人々の生命や財産を火災から守る重要な役割を果たしています。

≫続きを読む

1級土木施工管理技士取得ガイド

1級土木施工管理技士は、建設業界でもエリートとして優遇される資格です。なぜなら有資格者のみが土木工事の全体統括の責任者になれるからです。ダム工事から上下水道工事まで、大小さまざま土木工事の現場を統括するのが土木施工管理技士です。

≫続きを読む

二級土木施工管理技士ガイド

土木施工管理技士は、建設工事が安全かつスケジュール通りに進行するように現場を統括します。ダム工事から上下水道工事まで、大小さまざま土木工事の現場を統括するのが土木施工管理技士です。

≫続きを読む

インテリアコーディネーターガイド

インテリアコーディネーターとは、快適な空間を創造するクリエイターです。インテリアに興味のある方は少なくないと思いますが、どうしたらインテリアコーディネーターになれるのかご紹介しています。インテリア業界経験のない方でも意外に取得しやすい資格で、合格者のおよそ半数弱がインテリア業界以外で占められています...

≫続きを読む

第二種電気工事士取得ガイド

電気工事士とは一般用電気工作物および自家用電気工作物の工事に関する専門的な知識を有するものに都道府県知事により与えられる資格です。電気工事士法により、電気工事士の有資格者のみが一般用電気工作物および500kW未満の自家用電気工作物の工事を行えます。

≫続きを読む